クールビズ?ふん、こういう決める。

 今日は依然として6毎月とも言うのにミッドサマーかよ?というほどむしむし暑い朝から始まった。

我々は8場合起床した。最近はいつもながらのことだが慣れないものだな。一家からの侮辱の視線がぐさぐさと私の背中を刺しめくる。そりゃそうわ。8間です売り物ね。向こうは6間くらいに起きて早朝の設定をしているんだから。

 きつい売り物からは止めるに限る。朝ご飯をそっこーかきこみ自宅を出た。

 自宅を出て、カレッジに向かうためにJRに乗った。JRの間はさすがにクーラーがかかっていて快適だった。勤め人(・・・奥様の場合はどうしていうんだろう?)たちがいっぱい乗っていた。社会人はじめ年生班?全部暑そう。我々はなんでそんなくそ憎らしい暑さのなか、スーツなんて着なきゃいけないんだろう?なんて考えた。返事はすぐに出た。

 コモンセンス。それほど常識ですな。

 全部暑くて不愉快んだけどそれが常識だから我慢している。その証拠にクールビズというのが出てきた時折全部喜んでスーツ脱いでた売り物。社会人はじめ年生にはクールビズにのっかる胆力はないのかな?スーツ特徴の若い人がたくさん乗っていたのでそんなふうに思った。奴らが乗っかれない程度の売り物なら目的ないな。ふん。

 カレッジに到着し、さてプランの日数です。今日は法令の講習。ディテールはいまだにウィキペディアにある報知の朗読みたいなものである。一旦いつも通りのことなので気にしていない。適度に聞いているふりをしながら自分勝手にやらせて味わう。時間は有限なのだから、つまんないなんてぶちぶち触れ込み言ったり、昼寝をしたりはしない。

 カレッジを終えて帰宅して即ディナー時刻。阪神対日ハムの娯楽を見学しながら揚げ物を口に放り込む。
ふー。今日も平和な一年中だったな。けれどもなんか物足りないな。

 

 

 ヤミ金に著しい弁護士が救済してもらえる